相続01

被相続人が亡くなり、相続税が課せられてしまったときは相続税の申告を行わなければなりません。
相続税の申告には期限があるので、その期限までに必要な手続きを行いましょう。
そこで、相続税の申告期限と必要な手続きについて見ていきましょう。

・相続税の申告の期限とは?
被相続人が亡くなったとき、酷く悲しみが込み上げてくると思います。
しかし、相続税の申告には期限があるので、期限を過ぎないように手続きを行わなければなりません。
その期限というのは、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から、10ヶ月以内と決められています。
なので、相続税の申告が必要な場合は必要な手続きを行い、期限までに申告の手続きを行うようにしましょう。
期限を過ぎてしまうと罰則や余計な税金が課せられてしまう可能性があるので注意しましょう。

・手続きで必要なものとは?
相続税の申告を行うときは、まず手続きに必要な書類を集めなければなりません。
手続きに必要な書類としては被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本や住民票の除票、戸籍の附票が必要です。
また、相続人全員の書類としては戸籍謄本や住民票、戸籍の附票や印鑑証明書などが必要になります。
他にも、土地を持っている場合は登記簿謄本や固定資産税評価証明書、自宅の地図などが必要です。
また、建物関係や上場株式関係、現金預金関係や生命保険に関する書類なども必要となります。
相続税の申告を行うときはいろんな書類が必要になるので、1つ1つ忘れないようにチェックリストを作り、書類を集められたものから消していくと分かりやすくなり、パッと見たときに何を集めなければならないのかを判断できるでしょう。

このように相続税の申告における期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内と決められています。
この期限に間に合わせるためにも、申告に必要な書類をいかに手際よく集められるかがカギとなります。
相続税の申告に必要な書類を用意できないときは、専門家に依頼して書類を集めてもらったり、代理で申告の手続きを行ってもらったほうがいいと思います。
自分で手続きをしたいという場合は申告の期限を必ず守るようにして、余計な罰則や税金が課せられないように注意しましょう。
上記であげたように相続税の申告にはいろんな書類が必要になります。
自分で行うと決めた場合は無理をしてでも必要な書類を集める必要があるので、相続税の申告を自分で行うという場合は覚悟を持って書類の収集を行うのがおすすめです。

カテゴリー: 改正ポイント