近年に基礎控除が改正されているのですが、これで知っておきたいポイントはなんでしょうか?
それは、基礎控除が以前よりも減っていること。
これは重要なポイントとして要チェックです。
なぜなら、これは相続税の申告に直接関わってくる部分だからです。

相続があったときに相続税がかかるのは比較的有名ですが、これは必ずかかるわけではありません。
かかるケースとかからないケースとを比べると、むしろかからないケースの方が多いくらいです。
その大きな理由だったのが、非常に大きかった基礎控除なのです。
当時は一律で控除される金額だけでも5000万円あり、さらにこれに法定相続人に応じた控除額も加わっていました。
法定相続人が5人いれば、基礎控除額は合計1億円にもなります。
このように比較的高額な控除だったため、かなり遺産がないと基礎控除を超えることがなく、相続税もかからなかったわけです。

これが改正でどうなったかというと、基礎控除が以前よりも縮小される形となりました。
以前なら基礎控除だけで1億円になった条件でも、改正後の基準では6000万円にしかなりません。
およそ4割、基礎控除が減ったわけです。
これでどうなるかというと、これまでなら相続税の申告が必要なかったレベルの遺産でも、相続税の対象となり、申告が必要となります。
このようなわけで、この改正で基礎控除が減っているという部分は、非常に大きなポイントになるのです。

これに対して行えるポイントは、早いうちから相続税の計算をしてみること。
以前なら基礎控除が非常に大きかったため、特に意識しなくても余裕で非課税となった方でも、改正後の基準では課税がある可能性があります。
どちらなのか、改正後の基準で一度計算してみれば明らかです。
もしそれで課税があることが明らかだったり、課税と非課税のラインのギリギリだったりする場合は、早めに生前贈与などを行って財産を減らしておくと、相続税の申告の必要性を減らせます。
基礎控除の改正のポイントを押さえ、早めに対策したい方など、これらのことをよく確認しておくといいでしょう。

カテゴリー: 改正ポイント